トップページ > 中高一貫校の魅力

中高一貫校の魅力

中高一貫校の計画的な学習指導

中学校の3年および高校の3年、計6年間を使って学習指導が可能なのが中高一貫校のメリットです。中高一貫校では、この6年間をフルに使った学習計画を立て、ゆとりをもった学習指導を行います。学力面で多く取り入れられているのが、いわゆる『先取り学習』というものです。多くの中高一貫校では、高校2年終了時には一旦すべての学習を完了させ、高校3年時には大学受験に向けた授業を行います。『先取り学習』による学習スタイルにより、中高一貫校は大学受験に高い合格実績を上げることが可能になるわけです。

6年間をフルに使った学習プログラムは、直接的な学習面のみならず、体験学習、海外研修など、多くの生きた体験をすることが可能な学校行事を数多く組み込むことが可能になります。実体験が多い生徒は学力面でも成長するということは、中学受験においてもよく言われることですが、大学生、社会人となっていく過程においても、同じことが言えます。また、人間としての幅を広げていくためにも時間的なゆとりを持った中高一貫校の学習プログラムは魅力的です。

サッカーや野球など、スポーツ活動を充実させたい生徒にとっても、中高一貫校は魅力的です。公立の中学校では中学3年生の秋には、クラブ活動を引退し、高校受験へと取り組む必要があります。技術的な成長、体力的な成長が著しい時期に大好きなスポーツに打ち込めないのは非常に残念なことです。スポーツに打ち込みたい生徒こそ中高一貫校への進学がふさわしいのかもしれません。

Page Top ▲